MOND'RIEN DISCOGRAPHY LIVE SOUNDS DIARY BBS LINKS CONTACT

MONDLOGUE

モンドリアンのメンバーによる雑記
<< ドラム | main | ダモズ・ネットワーク朝日新聞評 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
粘土の手触り
大学時代は美術学科にいたので、1〜2年の間は油彩から版画、彫刻にいたるまでいろいろな実習を広く浅く齧ることが出来た。その後結果的には現代美術という何でも有りで訳のわからないゼミに進んでしまったのだが、今思うと版画、特に銅版を専攻しても良かったと思う。
彫刻の実習も面白かった。軽くさらうだけなので実に初歩的な実習で、偉そうに「彫刻」とも呼べないレベル、つまりはただの粘土遊びだったが、神の立場で「それを存在させる」のは単純に楽しいものだ。
粘土の塊を叩いたりちぎったり木ベラで削ったりして大まかに面をとったら、指で骨格を意識しながら肉を整えていく。
そのプロセスの手触りに陶酔する。

一昨日のモンドリアンのスタジオ練習の音源を何度も聴いていると、ふとそのことを思い出した。
| nobuoka | 森 一久 | 07:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:00 | - | - |









Check MySpace !

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
MOND'RIEN HOME PAGE TOP

このページの先頭へ