MOND'RIEN DISCOGRAPHY LIVE SOUNDS DIARY BBS LINKS CONTACT

MONDLOGUE

モンドリアンのメンバーによる雑記
<< へんな日本語 | main | ねむい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
テレビと動物
新年早々たっぷりさぼってしまった。
年末年始はいつも調子が悪い。勤人でもないのだから「ホッとひといきついて」という意識などおこるはずないのに、世間の空気に流されてしまうのだろうか。昔からこの時期は常に半病人だ。

というわけで正月は例によって寝正月、ダウナーのお供はやっぱりテレビ。
せっかく加入しているスカパーもほとんど利用すること無く、地上波のお笑い番組を各芸人のネタを憶えるぐらい見倒した。

とにかく子供の頃からテレビばっかり観ていた気がする。
もう好きとか嫌い以前にテレビがついていると落ち着く。夕食時などは食器のひとつといってもいいぐらい垂れ流す。ちゃんと集中して観るというよりだらだらと流していたいので、映画とかでは無く、どうでもいいバラエティを選ぶことが多い。
子供の時は僕が寝る時でもふすまの向こうで父が深夜番組を観ていた所為もあるが、テレビが無いと寝付きが悪かった。
もちろん何か創ったりする時は僕にとっても邪魔者でしかないものだから、それだけ自分はボーっとしていたいのだろう。だからこんなにも低俗なのだ。

それにしても動物を扱った番組を観てると、どうして気分が高揚するのだろう。今日も観た。変に脚色された、やれ可哀想だのほらマヌケでしょといったものは、それはそれで泣いたり笑ったりもするが、そういうのよりも、ただその動物がその動物なりに生きているだけの映像の方が観ててじわっと来る。具体性は無いが何か気持ちの良い勢いみたいな物を思い浮かべて、僕は憧れてしまう。
例えば人間にオモチャにされているペットや棲む場を追われた種類など、彼らが置かれている背景や世界観を思えば、ぬくぬくと食卓から傍観している自分との不公平さや、己の不誠実さを感じないわけにはいかないが、どんな状況であってもひたむきに餌やぼんやりする事を求めているように見える動物は本当に清清しい。
こんなことを書いている時点で僕のようなタイプの人間は愚かで救われないのだろうが、仕方が無い。

去年はよく動物園に行った。
昔は動物園というと、動物観たさに足を運ぶくせにいざ着いてしまうと「こんなところに居るべきじゃない者が見せ物に…」なんて暗い方向に意識がいってしまい、悲しくてやりきれない気持ちになったものだが、最近はそういう気持ちが麻痺してきたのだろうか、積極的に目に見える楽しさに没頭出来るようになってきた。
家族連れの人間の赤ん坊ウォッチングも兼ねられるということもある。
去年の収穫はとにかく多摩動物公園だった。パスポートまで作った。
あそこは動物園にしては各舎に余裕があって、居る方も(もちろんささやかではあるだろうが)ストレスがマシなのかも知れない。
あと動物“公園”というだけあって公園的な楽しみもある。叶うわけは無いがキャンプが出来そうな場所も結構あるのだ。夜中に身近に獣のうめき声を聞けたら、とか想ってしまう。

でも今は冬。動物達は寒いだろうな。
僕は自分の部屋でさえかなり寒い。
例えば路上の野良猫達はホント凄い。
自前の体毛だけなのに。お湯だって無い。医者も薬も無い。
いやはやつくづく比べ物にならない。
| nobuoka | 森 一久 | 23:59 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









Check MySpace !

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
MOND'RIEN HOME PAGE TOP

このページの先頭へ